子供の頃食べた寿司屋のタコ

好きな魚介類の食材ですが、私の好きな魚介類はタコなんです。そのきっかけは、子供の頃お寿司屋さんに家族で行くことがあったんですが、今と違って低価格の回転寿司とかもなく、大体2,3ヶ月で一回いくかどうかでした。

私は刺身が苦手で、すし屋に行っても食べるものが無くて困っていたんですが、そこでタコを知り合ってしまいまいた。タコについてる甘ダレがとても美味しかったのと、マグロやハマチみたいに刺身って感じがせず、

 

タコの食感も私好みだったんだと思います。


それ以来寿司屋に行くとタコを30皿以上(小学生1,2年の頃から大食漢でした)食べたりしてるうちに、クセになりました。今は大人になって他のマグロ等の寿司ネタも美味しく食べますが、一番好きなのは、このタコなんです。

大人になってもタコが好き

好きな食べ方は一番は、タコのお寿司です。それ以外だと、近所のスーパーでタコを買って来てそれを家で食べます。大体500円ぐらいでそれなりの量のものが買えるので、値段的にもお手ごろです。

食べ方は刺身のように薄くスライス状に切っていって、それを醤油やポンズで食べます。ここで大事なのは薬味です。

 

キザミ葱や大根おろし、生姜おろし等を合わせて食べる


とかなり美味しく、このあたりはその日の気分や冷蔵庫の中身次第ですが、お酒のつまみとしても最高です。